FC2ブログ

忘れないように書いておく

Category : 野球

2009.05.07[木] 横浜ファンの現状

昨日はまあ真田だし、
と割り切れたが
今日はルーキー藤江ががんばった後、
われらが期待の星、山口。
で、3HR6失点の大逆転負け。

あんまりだ。
僕らには山口しかいないのに。

そして
藤江と細山田の
清々しいプレイの数々が
悲しみに変わっていく…


何が悪かったのか考えてみて
ひとつ思い当たるのは、
一概には言えないけれど
野口??


開幕6連敗の件を
野口に押し付けるわけではないが、
なんか悪い流れを
持っている可能性はある。


あくまで疑惑だが。


そんなことまで考えてしまうのが
昨日今日の横浜ファンの現状。



スポンサーサイト



2009.04.30[木] 今日の負け

9回裏2アウトから
守護神石井で
まさかの逆転負け。

でもですね
今日の試合は良かった。

よく走りよく守りよく投げた。

こういう試合ならね
負けてもなんだか
清々しいわけです。

特に、
細山田と梶谷と石川、
よくがんばった。



しかし
阪神バッテリーの
吉村に対する攻めが不可解。
なんでああ吉村の好きな、
打てるところばかりに
投げてくれるのだろうか。

吉村には絶対打てないところが
いくつもあるというのに。


そしていまだに
内川が走れると思っている解説者。

内川はね
ディレードスチールしかできないんだよ。
なんでかわからんが。




2009.04.18[土] どちらにせよ、切ないことだ

横浜というチームはどうも
勝つことを拒否しているように見える。


勝つことを目標とした場合
要素として何がいちばん必要か。

それは
試合の「流れ」を把握し
「流れ」が自分の方に傾いたなら
それを逃さずモノにできる力だ。

横浜には
絶対的にその力が足りない。

足りないどころか、
自分の方に「流れ」が来たら
何とか断ち切ろう、
悪い「流れ」に持っていこう
としているようにすら思える。


回のあたまのバッターに
四球を出しては絶対にいけない
ということは小学生でも知っている。


前の回にチームが4点を入れ
1点差まで追い上げた次の回、
3人でピシャッと抑えれば
流れは間違いなく良くなる。
最悪でも0点で抑えなければいけない。

それがこの場面で登板する
ピッチャーの最低限の仕事だろう

しかし、
横山はいきなり四球を出した。
そしてせっかく前の回取った4点を
そのまま相手に献上する。

5-1から5-4に追い上げるような攻撃は
今シーズンの横浜には見られなかったことだ。
これが勝ちにつながればもちろん願ってもない。
負けたとしてもいい試合をすれば
その攻撃が明日以降につながっていくだろう。

しかしね、
あれじゃあ、
逆に明日以降にも悪い影響を及ぼす。


ずっと打てなくて勝てなかったのが最近の横浜。
打ったと思ったら守りがダメ、では
いい流れなどくるはずもない。


「流れ」を「持っている」選手
というのがいる。
イチローもいってた。

プロになる選手なんて
学生レベルではみんな
「持っている」選手
だったに違いないのだ。

横浜の選手はみんな
そんなことすっかり忘れてしまったのか、
それともそもそもプロで通用するような
モノではない選手ばかりが集まったのか。

どちらにせよ、切ないことだ。


そんなわけで
横浜というチームはどうも
勝つことを拒否しているように
見えてしまうのである。




2009.04.03[金] しょぼん

中 日 4 - 1 横 浜

負けた~

あれだけウキウキしていた
二時間前が懐かしい。

開幕三連勝のことしか考えてなかったおれは
何たるうつけだろうか。


仕方ないので振り返ろう。

三浦はまあよくがんばった。
あんなもんだよ三浦は。
野口も無難なリードでよくやった。

今日の戦犯はどう考えても
仁志と藤田。

この二人は相変わらず
おれをイラつかせるぼんくらだ。

藤田はもう真性のぼんくらだから
まだいいにしても問題は仁志!

このひと実は
「結局、引っ張るバッティング」
の一辺倒。
昨年も大体、活躍したのは
その「結局、引っ張るバッティング」
が長打になったときが主。

要は
ケースバッティングができない。
する気がない、のか。


ただセカンドの守備と、
バントのうまさは超一流だが。


横浜のここ数年の打撃の問題は
ケースバッティングができないことに尽きる。
できない人が多すぎる。
意識の問題かもしれないが。

仁志の悪影響なんじゃないか、
とひそかに思っていたりする。


なので仁志は早いところ
去ってほしいと思ってやまないのだが、
あんまり毒づいてばかりでもアレなんで、
いいところ。


山崎憲晴!
ルーキーでスタメンで三安打猛打賞!
すばらしい!!

ごほうびに写真貼ってやろう!

山崎憲晴

君のおかげで今日の試合は
イラつきながらもなんとか乗り切れた。


ありがとう山崎憲晴!





2009.04.03[金] 

開幕!

でもまだ中央線!


2009.03.28[土] 今日の誓い

今年は
プロ野球チップスは買わない!

以上!

2009.02.26[木] 中央線1

昼休みは話す相手もいないし

かといってメールを打つ相手もいないので

寂しくケータイからブログを更新してみる


先週、
あさいつものように中央線に乗っていると
どうも見たことのある顔だな~
というおっさんが乗ってきた

誰だったけ~
と思って見ているとすれ違いざまに
くびの大きなほくろが目にとまった

あ、
堀内恒夫だ

別に現役時代を知っているわけでもなく、
ましてやアンチ巨人なわけで
騒ぎ立てることもないのだけど

往年の大投手が
飛行機や新幹線でもなく通勤ラッシュ時の中央線で
つり革につかまって立っているんだ
と思うと

ちょっと
感慨深いような
そうでもないような
そんな朝でした。



今日さあ朝電車で堀内がいたんだぜ~
って
ちょっとお話できる相手がいま全くいないので

ブログに書いてしまう

この寂しさよ


2007.09.24[月] 横 浜 × 阪 神 20回戦

巨人に屈辱の3連敗を喫し、今日から横浜に戻って阪神3連戦。

先発は秦。
大して期待してなかったけれど意外にも
直球でグイグイと押し、3回までパーフェクトピッチング。
しかし4回にやはり大崩れで3点献上。
もうこういうタイプの投手なんだとあきらめていよう。

しかしその後何とか1点ビハインドのまま8回、
藤川球児を捕らえ佐伯のタイムリーで逆転。
クルーンも気持ちよいピッッチングで押さえ勝利。
なかなか会心のゲームでした。

あとの愉しみは相川が打率をどこまで持って行けるか。
キャッチャーとは言え打率3割で終われば、
来季からの自信にも繋がりいよいよ絶対の正捕手として
引っ張って行ってくれるのではないかと期待してみたり。

昨日借りたフランスCDからMareva Galanterを聞く。
お行儀の悪い感じが良いです。
『デス・プルーフ』のラストでもApril Marchのカバーで使われた
セルジュ・ゲンズブール作「Laisse Tomber Les Filles」のカバーもあり。


mareva




2007.09.16[日] 横 浜 × 東京ヤクルト 18回戦

引っ越してから初めて横浜戦をしっかり観る。

先発は三橋。
前回は中日相手に好投したらしいけれど、
今日はコントロール切れともぱっとせず。
観ていてもイマイチ盛り上がらない。

打線の方も吉村の3安打は良かったけれど、
野中木村の盗塁失敗などやっぱり盛り上がらない。

とりあえず勝ったものの、なんだかな。
この時期4位で上とも下ともゲーム差があるので、
勝っても負けても、それほど一喜一憂はしない。
いいプレイが観れる方が楽しい。

そういう意味でぱっとしなかった。


2007.07.11[水] 横 浜×中 日11回戦

横 浜 × 中 日 11回戦@横浜スタジアム
19時から21時半前までTVKで中継。TVKも昔は18時過ぎから中継してくれたものだけれど、もうだいたい19時からが普通になってしまったのか。金を払ってJ-SPORTSを観ろってことか。

試合は土肥がなかなかいいピッチングでぽんぽん進むが、なんだかわからないうちに点を取られ、なんだかわからないうちによくわからない外人などに押さえられ敗戦。
横浜の打撃陣はそれほど悪くないように見える(特に吉村とか)し、良いあたりを飛ばしているように見えるんだが、なんだか捕られる。主に福留に。結果を見てみると驚いたことに27のアウトのうち10がライトフライだった。中日のライトが佐伯だったら大量得点できていただろうに。残念でした。

プロフィール

sigh

Author:sigh

twitter

last.fm

検索フォーム

広告

広告

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

Copyright © sigh