FC2ブログ

忘れないように書いておく

Date : 2008年12月16日

2008.12.16[火] あいだをとって唐揚げ定食

今日は
友達が遊びにくることになっていたので
朝から家の掃除に精を出す。

今出来る範囲内での
最高の状態にする。

昼2時の約束だったが
2時間遅れでやって来る。
ずいぶん遅れたもんだ。
寝ていたそうな。
ふうん。


今日は映画勉強会と称して、
持ち寄った映画を観倒す、
という企画。
今回は邦画編。

まず一本目は友人の番。
根岸吉太郎『濡れた週末』。
不倫だの誘拐だの3Pだのと
色んな要素がうまいこと絡み合う。
うん。なかなか面白い。


二本目はおれの番。
サトウトシキ『手錠』。
今岡信治の青春脚本をサトウトシキが
ポーンと突き放して撮ってる感じが良い。
でも以前観た時とは大分印象が違ったなあ。


ここで夕食。
一番近い行きつけの
中華のお店に行こうと思うが休み。
その次に近いこれまた中華のお店も休み。
仕方ないので、ちょっと離れた
以前から外観があまり好ましくないな
と思っていたお店に入る。

麻婆豆腐とか八宝菜とかの定食が
食べたいなと何となく思っていたので
「らーめん」とのぼりが立っていて、
定食もあるらしいその店に
ものは試しだと入ってみた。

ムダに明るい店内。
蛍光灯が明るい定食屋って
何かあんまり信用できない。

まあ食えればいいさと席につき
メニューを開く。
定食はさんま定食だアジ定食
だのばかりで中華らしさはどこにもない。
しまったなあ。

仕方ないのであいだをとって唐揚げ定食。
味はなんと言うか、普通。
これで800円ちょっとは高い。
これだったら
ほか弁で唐揚げ弁当買えばよかった。

近くにほか弁無いけど。


家に帰り、気をとりなおして映画会続行。
次は友人の番。
溝口健二『浪華悲歌』。
不勉強で溝口は殆ど観ていないため、
いい機会とばかりに前のめりで観る。

爆発するようで爆発しない。
じわじわと、真綿で
首を絞められるかのよう。
おもしれえなあ。

山田五十鈴19歳。
迫力ある。


まだまだ続くぞ今度はおれ。
黒木和雄『祭りの準備』。
こないだのトークショーで
荒井晴彦氏がこの映画に触れて、
「田舎は色々事件があっていいなあ、と思った」
と言っていた。

確かに。


ここで時刻は午前3時をまわった。
ラスト一本はうちのライブラリーから。
森崎東『黒木太郎の愛と冒険』。
所有しているにも関わらず未見だった。

冒頭からやたらと面白い。
これはすげえや!
と思いつつも、睡魔に負け
床で寝てしまう。


友人は最後まで観て
朝方、帰っていった。








スポンサーサイト



プロフィール

sigh

Author:sigh

twitter

last.fm

検索フォーム

広告

広告

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

Copyright © sigh