FC2ブログ

忘れないように書いておく

Date : 2008年12月22日

2008.12.22[月] 耐えられんくらいグロイ

朝はDVDレコーダー内HDDの整理をする。
消したり、DVDに移したり。

その中から、
キム・ギドク『弓』を観る。
簡単に言えば、
おじいさんが誘拐して来た幼女を育てて
ゆくゆくは結婚してやりまくるつもりでいたが
結婚直前になって計画が破綻したため
我慢し続けたおじいさんのリビドーが頂点に達し
おじいさんは妖精になったとさ、
みたいな話。

新潟少女監禁事件のようでもある。
それを幽玄な音楽に乗せお送りするキム・ギドクは
なかなかのものだと思う。サイコさんなのか。
でも音楽は全体的にあまりよくなかった。
どころか、うるさく感じた。

しかし少女役のハン・ヨルムは素晴らしかった。


あ、あとキム・ギドクを続けて観ていて思ったんだけれど
この人の映画ってかなりの確率で屋外でのセックスが描かれる。
いわゆる青姦。
青姦の作家。


続いても
キム・ギドク『絶対の愛』。
これは色んな意味で最高に面白かった。
「美容整形」に対しての批判的な主張を軸に
一組の恋人同士が行う奇妙な事の顛末を描いた、
ほとんどホラーのようなラブストーリー。

冒頭はたぶんホンモノの美容整形手術の映像。
ものすごくグロい。
そういう映像は色々と見ている自分ではあるが
耐えられんくらいグロイ。

全体としては
しっかりとした構造をもった怪奇ものだったな、
という印象。

ただこの企画をキム・ギドクが
撮ることにどれだけの意義があるのかが
よくわからなかった。


続いては~、
マーク・エヴァンス『スノーケーキを君に』。
シガニー・ウィーヴァーが自閉症の女性、
アラン・リックマンが様々な運命の導きで
その自閉症の女性と同居生活することになる男性。

ハリウッド女優とイギリス大物俳優の
演技合戦の様相を呈す。
悪くはなかったが、自閉症かあ。
も少し、なんか、ひねりが欲しいような…。


夜はご飯食べながら
やりすぎコージーのスペシャルを観る。
面白かった。

そのあとはブログ書きなど延々と。
ついつい朝まで。






スポンサーサイト



プロフィール

sigh

Author:sigh

twitter

last.fm

検索フォーム

広告

広告

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

Copyright © sigh