FC2ブログ

忘れないように書いておく

 

2007.10.30[火] 生きていた人形

『Village of the Giants』とカップリングで収録されている
同じくバート・I・ゴードンの『生きていた人形』をついでに観る。

次は何を巨大化させるのかと思いきや、
今回は逆に人間がちっちゃくなっちゃう縮小タイプ。

孤独な老人形師が偶然、生物を小さくする装置を発明。
秘書や郵便配達員、取引先の営業マンなどを小さくして
寂しさを紛らわす為コレクションする。

1958年作なので『Village of the Giants』の7、8年前の作品。
やはり音楽を筆頭とする風俗がずいぶん違う。

バート・I・ゴードンも初期作ということで気合が入っているのか、
人を小さく見せるための美術装置なんかもまあ一見の価値はある

哀切漂う人形師の孤独を軸としたストーリーも中々新鮮。
『Village of the Giants』と並べてみると一層際立つ。


スポンサーサイト



Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sigh93.blog70.fc2.com/tb.php/138-924aae08

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

sigh

Author:sigh

twitter

last.fm

検索フォーム

広告

広告

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

Copyright © sigh