FC2ブログ

忘れないように書いておく

 

2007.11.09[金] 世界大戦争

ずいーぶん前に録画しといた、松林宗恵『世界大戦争』を観る。

平和な、平凡なひとつの家庭の生活の描写と平行して、
世界の情勢が全面戦争へと傾き、世界が滅亡するまでを描いていく。

いま、世界戦争というと半ば現実感に欠ける想像の中のもののようだけれど、
これは1961年の作品だから戦争というものが生々しい現実として
未だ人々の心に横たわっているだろう時期。

反戦のメッセージとして製作された映画なのだろうが、
やはりラスト、世界が滅亡してしまうというのは衝撃的。

しかし、フランキー堺を家長とする平凡の家庭の描写が良い。
別に現在ブームの昭和三十年代あたりの風景を再現し
ノスタルジーとして捕らえるやり方を否定する気はないけれど、
そんなら昭和三十年代の映画を観れば良いのでは?
と思ってしまうのは、どうなんだろう
後ろ向きな考え方なんだろうか。

スポンサーサイト



Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sigh93.blog70.fc2.com/tb.php/142-648a36fa

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

sigh

Author:sigh

twitter

last.fm

検索フォーム

広告

広告

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

Copyright © sigh