FC2ブログ

忘れないように書いておく

 

2008.01.15[火] 主人公は僕だった

マーク・フォースター『主人公は僕だった』を
新作DVDコーナーから借りて観る。

早いところ観たかったので新作だったが借りて来た。
同じウィル・フェレル主演のコメディでも前述の
『俺たちフィギュアスケーター』とは180度違う作り。

物語の骨子となるものは『レディ・イン・ザ・ウォーター』を想起し、
画面作りの神経質な感じは『ファイトクラブ』っぽかったり、
『パンチドランク・ラブ』のような
突拍子もなく日常的なファンタジーもあったり。
と、好きな映画ばかり並んでしまったけれど、
要は面白かったということ。

ウィル・フェレルにダスティ・ホフマン、
エマ・トンプソンにクイーン・ラティファと、
キャストもかなり豪華。

エマ・トンプソンの神経質な演技は秀逸だった。

ウィル・フェレルももちろん良かった。



スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sigh93.blog70.fc2.com/tb.php/199-06a65dfa

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

sigh

Author:sigh

twitter

last.fm

検索フォーム

広告

広告

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブロとも申請フォーム

Copyright © sigh