FC2ブログ

忘れないように書いておく

 

2008.03.18[火] Welcome to the Jungle

これも長くなったのでこちらに。

Jonathan Hensleigh『Welcome to the Jungle』。北米盤。

welcome to jungle




以下ネタバレ含ム。




ニューギニアの奥地で行方不明となり、食人族に食べられた、いやまだ生きている等様々な噂が囁かれる’マイケル・ロックフェラーの伝説’。これを検証しようと二組のカップルがジャングルへ向かう。一組目は真剣に伝説を検証したいが、もう一組の方はただのパーティ好き。段々状況がシビアになってくるとブーブー文句を垂れたり、ふざけたり、挙句金と食料を奪って逃走してしまう。しかし川を下って逃げる最中、現地住民に襲撃される。
取り残された方のカップルは激昂し、追いかけて川を下る。しかしそこで見たものは逃げた女性の串刺し死体。そしてジャングルを進むにつれ、足首や胴体など、転がる死体の切れ端、そして両手両足切断状態の逃げた男性。結局二人も捕まって、食人族の餌食に…。

「オリジナリティとかどうでもいいからオレは『食人族が』やりてえんだ!!!」
という製作者側の叫びが聞こえてくるような、デオダード直系の(ていうかまんま?)カニバル映画。手持ちカメラによるドキュメンタリータッチの手法も『食人族』に倣っているが、カメラを二つに分け、逃げたカップルが食人族に捕まるまでが一つのカメラ。それを追いかけ食人族の全貌が明らかになるのが二つ目のカメラ、となっているのが独特の構成上の工夫。まあ適度に功を成している。
手持ちカメラといっても、バカみたいに揺れることもないので見やすいといやあ見やすい。
残虐描写はそれほど多くもないのだけれど、効果的に使われるのでインパクトは大きい。

しかし、串刺しまでやるかね。面白いけど。
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sigh93.blog70.fc2.com/tb.php/263-7aaf7514

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

sigh

Author:sigh

twitter

last.fm

検索フォーム

広告

広告

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブロとも申請フォーム

Copyright © sigh