FC2ブログ

忘れないように書いておく

 

2007.07.12[木] 暗い鏡

ロバート・シオドマク『暗い鏡』。フィルムノワールで最も重要なのは言うまでもなく悪女の存在なのだが、この『暗い鏡』ではその悪女が二人、しかも全く同じ顔を持つ双子として登場する。もうその設定だけでなんだか面白くなりそうな雰囲気だ。双子それぞれの性格の違いがだんだん見ている側にもわかってくる中盤以降からラストにかけても見事な展開で飽きさせない。
また、日常のすぐ隣にある「狂気」、「闇」というものの存在が作品全体にそこはかとなく漂っているのも魅力的。

しかし、昨日見た『アタラント号』のミシェル・シモン、『裸の街』のバリー・フィッツジェラルドや今回のトーマス・ミッチェルなど、この頃の俳優さんはみんな個性的な顔で楽しい。
スポンサーサイト



Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sigh93.blog70.fc2.com/tb.php/29-d45c543b

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

sigh

Author:sigh

twitter

last.fm

検索フォーム

広告

広告

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

Copyright © sigh