FC2ブログ

忘れないように書いておく

 

2007.07.20[金] 無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた

池広一夫『無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた』を北米版DVDで観る。
「木枯らし紋次郎」の笹沢左保原作、原田芳雄主演の時代劇。

名の知れた渡世人である御子神の丈吉は刀傷を背負ったまま雨の中旅を続けているところを、ある食堂のお絹という女将に助けられいい仲になる。しかしそのお絹は如来堂の九兵衛とかいうん(漢字ワカラナイ)の長五郎という親分二人からラブコールを受けるモテモテ状態の女だったため丈吉は逆恨みを買う。しかし二人はその手をかいくぐり、他所へと逃げ所帯を持ち子供ももうける。丈吉は細工師として堅気の生活をしていたが、ある日お絹と息子が九兵衛と長五郎、そして国定忠次に殺されてしまう。丈吉はいま一度、ドスをとり無宿人御子神の丈吉として復讐を誓い、九兵衛の元へと殴り込んだが、そこへ草蛙を脱いでいた客人、疾風の伊三郎の返り討ちにあう。川に転落し傷を負った丈吉は、ある湯治場で療養していたところ…。どうも丁寧に筋を全部書こうとしていたら面倒くさくなってしまった。
ええと、その後、その湯治場近くで悪事を繰り返す青鬼という荒くれ者を天狗という素性のわからない男と退治して、国定忠次の現在地情報を得てそこへ向かうが騙され殺されかける。が今度は疾風の伊三郎に助けられ九兵衛を殺しひとまず仇を討つ事に成功する。残る仇は長五郎と忠治の二人だなという伊三郎の言葉に続編を匂わせて終わり。

調べてるとネット上でこの映画に関する情報があまり見つからなかったので、あらすじを書いとこうと思って書き始めたんだけれど、なかなかあまり上手に書けないもんで後半は簡略化。

『子連れ狼』の亜流的なシリーズであると誰かに聞いた事があり、そんなつもりで観始めたのだけれど特にそんな感じも受ける事はなかった。アクションは一定のレベル以上のもので楽しんだし、これと『子連れ狼』の三隅研次のアクションを比べても意味はないでしょう。

原田芳雄はなんだか終始ボーッとしている様子で、時にそれが過ぎるとなにか麻薬中毒者のようで心配になってくる。そのうち、うつ病患者のようにも見えてきた。大丈夫なのか。

ちなみに疾風の伊三郎は中村敦夫。黒いアイパッチに黒い笠なんてかぶっちゃってジャック・スパロウみたいでカッコ良い。ところで中村敦夫は昔たしか植毛だかカツラだかのニドーという会社の広告(憶えているのは電車の中吊り)に出ていた気がするのだけれど、自分の中で勝手に作った記憶だろうか?カツラなのだろうか?







スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sigh93.blog70.fc2.com/tb.php/41-b52ae97c

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

sigh

Author:sigh

twitter

last.fm

検索フォーム

広告

広告

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブロとも申請フォーム

Copyright © sigh