忘れないように書いておく

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.27[月] その流れでなんとなく

あさ寝たので、昼過ぎに起きる。
あまりに上天気。

街をふらつく。
暑いなあ。

家で、昨日貰ったiPod touchをいじって遊ぶ。
基本的に無線環境のないウチでは
使いどころがなくしばし呆然とする。

でもまあとりあえず動画持ち出し用、
としては使えるかなとの結論に達し
いろいろダウンロードしたり
DVDを変換してiPodに入れたりして遊ぶ。

その流れでなんとなく
「涼宮ハルヒの憂鬱」を観始めてしまう。
14話全部観る。2006年放映版?
面白かった。

語り手である「普通の男子高生」キョンの
常識的で柔らかな物腰と
タガをはずさない程度の性欲が
破天荒な作品世界に落ち着きを与え
観るものをすんなりと’その’世界に誘う。

そのキョン以外のキャラは
これでもかといわんばかりに
どこかで見たことのあるような
いわゆる’アニメキャラ’然とした
キャラクター(人格付け)を与えられている。

いってみれば「普通の男子高生」と
「破天荒なアニメキャラ」との恋?
そういうねじれ(メタフィクショナルな?)の構造が
前述のようなキョンのキャラクターゆえ、
これ見よがしに露呈することなく
魅力的なストーリーになっている、と。
そんな感じかなあ。

でもキョンの語り口は
諸星あたるとメガネを
足して2で割ったような感じだなあ
なんて思い当たったりもしたけれど。

まあすぐ
「うる星やつら」なぞ想起してしまうのは
アニメ偏差値が低いゆえ。

それでも語りたがるのは悪い癖だ。


とにかく
おもしろかったです。


スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sigh93.blog70.fc2.com/tb.php/667-cc4d9a8e

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

sigh

Author:sigh

twitter

last.fm

検索フォーム

広告

広告

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

Copyright © sigh

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。