忘れないように書いておく

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.12[月] 朝霧JAM

久々に東京(っていうか阿佐ヶ谷)を脱出し、朝霧へ。

朝6時過ぎに家を出て、帰宅したのが23時くらい。
でもその半分くらいは車の中にいたような気も…
まあ、とはいってもその車中もバカっぱなしに花が咲き、
普段人と話すこともなく鬱々と過ごしている自分にとっては
楽しい旅程となりました。


イベント本体のほうは、
Borisの撮影お手伝いスタッフとして参加したこともあり
がっつりとライブを観たりはしなかったけれど、
すっきりと晴れ渡った高原に身をおくのもたまには良いものだなと、
霊峰富士のあられもない姿を眺めながら
ちょっとした精神療養のつもりで楽しんだ。


でもどうしても観たかったEmmy the Greatはしっかり観てきた。

最近、なかなか自分が好きだなと思うライブに行くことが叶わなかったため
久々に普段聴いているひとのライブを見ることができて最初からこみ上げるものがある。
まあ、そうとう心が弱っているということもあるんだろうが(笑)

Emmyさんはとても可愛らしく、
唄っているときにしばしばみせる少々はしたない表情もチャーミング。
そのほとんどが先だって発売された1stアルバムからの選曲なので
普段からこればっかり聞いてた自分には耳なじみの曲ばかり。

しかし何曲か終わったところでふと懐かしい、大好きな曲の演奏が始まる。

すると
「あれ、これってアルバムに入ってなかったよね?」
「新曲?」
などという声が周囲の客からしきりに漏れ聞こえてくる。

おいおい。みんな知らんのかい。



Emmyさんは多分サービス精神旺盛なひとで、
カヴァーをやるんなら日本のみんなも絶対知ってる曲にしましょうよ、
ってな具合でこの「The End of the World」を演ったと思うけど、
そこにいる聴衆は何だかポカンとしていて、
その反応を見たEmmyさんも何だかポカンとしていた。
残念だったね、Emmyさん。

自分としては非常に思い入れのある曲で
あまりにジャストなタイミングだったので
平静を保てなくなるほど心が動いた。
いや、保ったけどさ。

とりあえず、あれはおれのためのステージだったのだな、
と妄想することで決着をつけて、その場を去った。




そして、Boris。
このなんともピースフルで生ぬるいヒッピー的な連帯感がそこかしこに偏在し
オーガニックでアーシーな雰囲気を捏造せんと努力する
生真面目な日本の若者聴衆(やたらとそのファッションが似通ってしまうのも
その生真面目さゆえだろう)の中でBorisの演奏が行われると思うと
心の高揚を禁じえないものがある。

しかしそんな期待をよそに、
Borisの演奏はいつもどおりタイトで緊張感に溢れるものだった。
こちらが勝手に抱いた「朝霧JAMに一発食らわせるBoris」を一蹴し、
Borisは「Boris」以外のなにものでもない思い知らされる演奏だった。

Borisは「こっちへ来いよ!」と言うのと同時に「勝手にしやがれ!」と言う。

晴れ渡っていた空が、Borisの演奏中に暗雲で覆われ始め、
あられもない姿だった富士をすっぽりと隠していったのは偶然ではない、
と妄想することで決着をつけた。


とはいえ本分であるはずのの撮影の方は強すぎる太陽の映りこみに戸惑ったりで、
なかなかうまくいかず、なんとも不甲斐ない自分を呪うばかりでしたがね…



その後は帰途にて大渋滞に巻き込まれ、
膀胱の危機に恐怖することもあったけれど、
総じて楽しい一日でした。



asagiri



スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sigh93.blog70.fc2.com/tb.php/700-cc1eecf0

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

sigh

Author:sigh

twitter

last.fm

検索フォーム

広告

広告

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

Copyright © sigh

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。