FC2ブログ

忘れないように書いておく

 

2007.08.29[水] グラインドハウス

ロバート・ロドリゲス『プラネット・テラー』
クエンティン・タランティーノ『デス・プルーフ』
合わせて「グラインドハウス」US公開バージョン
@TOHO六本木シネマズに馳せ参じる。

いわゆる「グラインドハウス」形式で上映するのは
この劇場で限定期間ということでいそいそと観に行った。
なるべくこれに関する情報は耳に入れないように
秘かに楽しみにしていたのだが、予想以上に楽しんだ。
某所で二年半働いていて良かったと感動すらした。

それは良いとして特に良かったのは、
予告編部門ではイーライ・ロスの『THANKSGIVING』、
本編はやはりタランティーノの『デス・プルーフ』が最高だった。

予告編に関しては、逆に言えばイーライ・ロスのやつ以外は
ちょっとピンと来なかった。
フィルムの質感含めイーライ・ロスのは群を抜いていた。
やっつけ仕事ではないグラインドハウス映画への愛を感じる。

それはタランティーノも同じく、画質云々のフェイクとしての
オマージュを超えた、グラインドハウスに命を捧げるソウルを感じる。
登場キャラクター、ゾーイの底抜けの楽天性と残虐性に戦慄すら憶える。

そして「THE END」でぶつっと終わる映画を現代に蘇らせたことは
非常に痛快で、ただの懐古主義で終わらない革新的な精神性を感じた。

3000円の特別料金もそれほど気にならなかった。
いや、それにしてもちょっと高すぎるかな。


そして酔っぱらって書くと文章が小学生みたいになるなあ。
言い訳だけど。

スポンサーサイト



Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sigh93.blog70.fc2.com/tb.php/71-3f9e5642

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

sigh

Author:sigh

twitter

last.fm

検索フォーム

広告

広告

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

Copyright © sigh