忘れないように書いておく

 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.13[火] 歌うつぐみがおりました

年明けに知ってからずっと聴き続けてるAxel Krygier
飽きない








聞きながら
結局のところ自分はどんな音楽が好きなのだろう
などと考えてたところ
なにかしら「可愛げ」のある曲が好きなんではないか
と思い当たった

ハウスでもラウンジでもロックでもジャズでも
メタルでもクラッシックでも現代音楽でもノイズでも
たぶんそのなかの「可愛げ」を探してるんだなあ

でもその「可愛げ」は
男性が女性の中に見出そうとする可愛さだったり
人が小動物の中に感じる可愛さとはちょっと違う

たとえば
ひとつの器の中に
いくつかの秩序だった要素がひしめくなか
不意に無秩序なひとつの要素の存在に気づく
しかもその無秩序な要素はその器の中にありながら
なんとも自由に遊んでいる
そんなときぼくはこうつぶやく
いとかわいげなり、と
まあそんな感じ

って、なんてわかりにくい説明だろう!!

簡単に言うと
とても似てるようで全部は似ていないもの
というか

んーこれもひどいな!
でもまあいいや
そのうちもっとうまく説明出来るだろ




そして
もしかしたら映画でもそうかもなあ
なんて思ったり






スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sigh93.blog70.fc2.com/tb.php/736-a2096d80

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

sigh

Author:sigh

twitter

last.fm

検索フォーム

広告

広告

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

Copyright © sigh

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。