FC2ブログ

忘れないように書いておく

 

2007.09.18[火] 真夜中の虹 浮雲

落ち込んだ気分を何とかしようとアキ・カウリスマキにたよる。
『真夜中の虹』『浮雲』を観る。

『真夜中の虹』は映画のおいしい要素を
さらっとたくさん盛り込んだファンタジー。

炭鉱が閉鎖し失業し、
暴漢に襲われ、金を奪い取られ、
そいつを町で見つけてボコボコにしているところを、
警察に捕まり刑務所に入ってしまう、
とことんついてない男が、
子持ちの女性と運命的に出会い、
刑務所を抜け出し、強盗をして、
偽造パスポートを作り、
三人でメキシコ行きの船に辿り行く。

ラストの「虹の彼方へ」が胸にしみる。

『浮き雲』もある意味同じ構成のファンタジー。
落ちるところまで落ち、
ラストに希望の灯がほのかに見えたところで映画は終わる。
しかし、こちらは最初から夫婦、二人のお話。

失業しようが、酒で荒れようが、
別れたり、離れようと考えている節は見られない。
それがそれまでのカウリスマキ映画とは違うところ。

実は『浮き雲』以降未見なので、
順繰り観ていこうと思う。

楽しみだ。


スポンサーサイト



Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://sigh93.blog70.fc2.com/tb.php/90-b26f5f47

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

sigh

Author:sigh

twitter

last.fm

検索フォーム

広告

広告

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

Copyright © sigh